2018年03月07日

スピリチュアル占星術講座 3月以降の日程

■スピリチュアル占星術講座 3月以降の日程

スピリチュアル占星術講座、3月以降の日程です。
カリキュラムに若干の変更がありますので、ご確認くださいませ。
(※キローンの回を単発の内容として、あらためて行うことになりました。)

講座内容はブログ内の「スピリチュアル占星術講座」のご案内からご覧ください。

http://aroma-astrology.seesaa.net/article/452358404.html

====================
■スピリチュアル占星術講座

パート2
1回目3月24日  キローン 〜傷と癒しの本質〜
2回目4月28日  ハウスにおける霊的な意味合いその1
3回目5月19日  ハウスにおける霊的な意味合いその2
4回目6月23日  ドラゴンヘッド・テール〜前世・今世・来世〜
   ※(or30日) 6月23日に決定です
5回目7月28日  霊的な要素について総合的にチャートを読む

パート3
1回目 8月25日 ハーモニクスで見る霊的な背景と人生
2回目 9月22日 ヘリオセントリックチャートからみる今世の目的と根源
3回目 10月27日 霊的要素の時期的な影響その1 (トランシット)
4回目 11月24日 霊的要素の時期的な影響と変化その2 (トランシット・プログレス)

posted by といし at 15:30| Comment(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

メディカル占星術パート3の日程(3月以降)

メディカル占星術パート3の日程

メディカル占星術講座、3月以降の日程です。

講座内容はブログ内の「メディカル占星術講座」のご案内からご覧ください。

http://aroma-astrology.seesaa.net/article/447579680.html

◎パート3
1回目 3月9日:年齢的な心身の変化と占星術
2回目 4月13日:占星術で見る季節と心身の変化
3回目 5月11日:チャクラと占星術
4回目 6月8日:デカンビチュア1
5回目 7月13日:デカンビチュア2
6回目 8月10日:デカンビチュア3

ご興味のある方は、気になる回の単発受講も可能です。

どうぞよろしくお願いいたします。

posted by といし at 16:43| Comment(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

水瓶座新月〜部分日蝕 今までのすべてひっくるめて自由な私〜

【水瓶座新月〜部分日蝕 今までのすべてひっくるめて自由な私〜】

明日、2月16日は水瓶座新月&部分日蝕です。
ただ、蝕の最大が日の出前なので日本では見られないのですが、
それなりに影響は考慮できるでしょう。

水瓶座新月20180216.JPG

さて新月図(日蝕図)ですが、水瓶座の太陽と月は、水星と合となりつつ1ハウスにいます。
1ハウスは天体にとっては割とナチュラルに力を発揮できる場所であり、
ネイタルなどでも、自分自身を表す場所ですから、これからどうなるとか、こういう気持ちということではなく、「すでにこの状態」であること、つまり、水瓶座太陽・月・水星をそのまま自然に打ち出していくという在り方です。

わりと昨年後半あたりから、変わるよ、変わるよという感じの新月・満月図が続き、内的にも外的にも小さな変化を積み重ねていったのですが、たぶんここでそれらが集約され、
変わった私をナチュラルに表現していくことになるのだと思われます。
こうなりたい…が積み重なって心の中に定着していくと、すでにそれになっている…ということで、それが表れてくる時期なのかもしれません。

水瓶座は、自分の独立性と相手の独立性とを互いに認めあいつつ、自由でフラットな関係性を作り上げるサインですから、特に1ハウスにあるならば、自身の自由性・自立性が発揮される配置といえるでしょう。つまり「自由な私」を素直に表現していくのです。

また牡羊座の天王星が才能やお金などを示す2ハウスにあり、自由な私の新たな資質を発掘したり、また自由な私として新しい働き方などを見出していくでしょう。

ただ、この水瓶座の天体に、蠍座の木星がスクエアの配置を取っています。
蠍座と水瓶座はある意味、超縛りのある世界と超自由な世界という対極にあるため、なかなか受け入れがたい蠍座の木星を良いものとして水瓶座の天体群は受け入れていくことになります。
それは、蠍座の示す「それまでの想い」や「今までのつながり」といったものといえます。

水瓶座はどちらかというと、未来に目を向けて自由さを主張していくサインですが、蠍座の示す「それまでの感情的なもの」も引き受けていくわけです。

つまり、いままでいろいろあったし、いろんな思いもあるけど、それをひっくるめての自分で、その自分は自由だということ。
つながりやしがらみを持ちつつも、本質の部分は自由であることを体現していくのでしょう。

1ハウスという要素を考慮すると、自覚や意図などは意識できず、ほぼ自然にそのようなふるまいを打ち出していくことになるので、実感はできないと思いますが、たぶんに2か月後、3か月後、もしくは半年後の次の蝕の時に振り返ってみた時、それを認識できるかもしれません。
posted by といし at 17:15| Comment(0) | 西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする