2018年05月16日

【牡牛座新月と牡牛座天王星入り〜自分の内的な喜びを確認し、それを見直してみる】

【牡牛座新月と牡牛座天王星入り〜自分の内的な喜びを確認し、それを見直してみる】

昨日、5月15日は牡牛座の最後の方の度数で新月でした。

牡牛座新月2018.JPG

山羊座29度の火星と牡羊座の29度の天王星のスクエアもあり、バタバタした一日だったかもしれません。

牡牛座の太陽と月は5ハウスにあり、これは実感のある喜びを確認する配置です。
他人がどう思おうと、自分にとって何が喜びなのか、自分の実感を持って確認していくのです。
また1ハウスにある山羊座冥王星とトラインとなっているので、自分の信念を自分自身が後押しする配置でもあります。
これは結構強いですよね。

土のサインのトラインは、現実に基づいた認知に関わりますから、感覚的にゆるぎない感じかと思います。
「だって、自分としては○○なんだもん!」
と押し切る感じともいえるかもしれません。
ちょっと楽しく、その一方で他者との感覚の違いでぶつかる可能性もあるでしょう。

ただ、本日、天王星が牡牛座入りしました。
天王星は、流れやつながりをいったん切って、再確認したり、新しいものを持ち込む性質があります。
(流れを切れば、リフレッシュ・ブレイクスルーに。つながりを切ると、独立・自立となるわけです)
特に不動宮・牡牛座の天王星ということを考えると、
自分自身の身体感覚に基づいた「あたりまえ」的なものであるものを、いったん切って、再確認することになるかもしれません。
お金は現物…ではなくて、仮想通貨が台頭して来たり、また身体にまつわるものもより機械化されていくなどもじわじわ現実味を帯びてきています。(介護用の補助パワードスーツとか)

先ほどの牡牛座新月と話を重ねると、
自分の感覚としては当たり前、これが当然と思われるものを押し切る喜びを実感した後に、その在り方に水を差す出来事も起こりうるということ。

ただ、水を差すというのではなく、あらためて見直していくことにより、より喜びを深く実感できるものにたどり着く可能性もあるのです。
まあ、「あたりまえ」がくつがえされるというのは、なかなかショックではあるのですが、その先があることを心にとめて、未来へと歩んでいきましょう。

これらをフォローしてくれるアロマは、
牡牛座のローズとパチュリー

天王星のライムもおすすめです。

またフラワーエッセンスなら、牡牛座にまつわるゲンチアナがおすすめです。
思った通り・いつものあたりまえではないということから起こる落胆に対して、
視野を広げ、本当に着目すべき事柄に目を向けさせ、
気力を高めてくれるでしょう。

ちなみに、トランシットの月は事象のトリガーになりうるので、
この牡牛座天王星のありようをまのあたりにするのは、5月19日になる模様(^_^;)
みんな頑張れ〜!!


posted by といし at 17:03| Comment(0) | 西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

フラワーエッセンスとタロット講座

■フラワーエッセンスとタロット講座

フラワーエッセンスとタロットとの相関や活用法について学ぶ講座です。
大アルカナ編 全5回となります。

タロットはカード占いの一つですが、
その内容に秘められた人の成長や変容の過程などから、
セラピー・自己探求などにも活用できる側面も持ち合わせています。

この講座では、タロットが示すセラピーや精神性という領域について、
カバラ、占星術、数秘術と絡めつつ丁寧に解釈していきながら、
それの性質・本質に関連したフラワーエッセンスを学んでいきます。

また、タロットを通してフラワーエッセンスを見ることで、
フラワーエッセンスに対する学びも深まっていくでしょう。
(フラワーエッセンスはバッチ、バッチ以外各社など、
多岐にわたったタロット対応についてお話しする予定です。)

さらに、自己探求としてのタロットパスワークに
フラワーエッセンスを活用するなどの応用も可能です。

ご興味がありましたら、ぜひお越しくださいませ。


【日程とカリキュラム】
大アルカナ編 全5回 

月1回 土曜日 
時間 10:00〜13:00

1回目 5月19日
2回目 6月23日
3回目 7月28日
4回目 8月25日
5回目 9月22日

・受講料 1回 9000円
・場所 原宿駅徒歩3分
(お申込みいただいた方にあらためて場所をご案内させていただきます。)
・定員10名
・持ち物 ……ウェイト・ライダー版のタロット(もしくはそれに準拠したタロットカード)をお持ちください。
筆記用具 (ICレコーダー、パソコン等持ち込み可)

☆申し込み・問い合わせ
 下記の登石麻恭子メールまでご連絡をくださいませ。

  sango@@wa2.so-net.ne.jp
  (二つある@のうち、一つを抜いてください)

お会いできることを楽しみにしております。
posted by といし at 16:49| Comment(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天王星ツイまとめ

牡牛座天王星入りについてtwitterに連続ツイしたら、いいねとかリツイートをたくさんいただいたので、こちらにまとめておきます。
あとついでに、天王星牡牛座入りワークショップの告知も(^_^;)
ワークショップの方も、どうぞよろしくお願いいたします。

===========
天王星牡牛座入りですが、思ったより出てくる影響が大きいかもしれないな〜というのがここのところの雑感。身体性・安全感覚・金銭・エネルギーなど物質と物質を動かす様々なものが牡牛座にかかわっているから、ね。

天王星の機能から見ていくと、それまでの流れやつながりを一度断ち切って、違う手法やアプローチを発見したり、見落としてきたものを再度拾い上げたり、などある。それまでの流れやつながりのあり方を土星由来のものとすると、結果的に改革という意味合いを帯びていくことになる。

牡羊座に天王星が入った時は、今までからめとられていたものからいったん離れて、自分自身というものを拾い上げることで、自分というものを改めて発見するという流れ。それにより、アラブの春も起こったといえるし。

牡羊座における個人の自覚というものに対して、山羊座的な社会がそれを縛るものという構造によって起こった様々な事柄が、牡羊座天王星時期の特徴だったし、また山羊座冥王星の影響も組み合わさって、かなり大きな動きとなっていた。

牡牛座に天王星が入った場合、今までの流れを切る、という機能を考慮すると、不動宮がもたらす、持続・継続的傾向がいったん切れるということも大いにある。それまで当たり前と思ってきたこと、ことさら、身体的・金銭的・物質的な要素に関して、当たり前ではないことが提示される可能性は高いね。

活動宮である山羊座と不動宮である牡牛座を比較したとき、変化への対応力に関しては、山羊座の方が変化対応しやすいサインといえる。なんだかんだ言って活動宮は今起こっていることに対応するから。ただ、土のサインなので一足飛びにとはいかないまでも、それなり変化した現状を踏まえて、それに対応できるといえる。つづく

不動宮の場合は時間間隔が非常に長く、ずっと変わらないよね、というところを足場においているため、変わることについてたぶんショックは大きいことに。衣食住に連なった様々な部分が「今までと違う」と認識することになる、せざるを得ない…ということにもなるかな。

お金の部分だけ取り上げてみると、仮想通貨はもちろん、すでにあらゆるところでプリペイド機能のあるカードが使用されているし、またネットバンキングなどもそう。実物としてのお金が動いていない。こういった部分にトラブルが起こる可能性も高い。トラブルというか、その実情に気づかされる出来事は起こりやすい。

あと、牡牛座における異質なものに対する抵抗はなかなか大きいです。そもそも、身体的になじみの良いものは取り込み、そうでないものは避ける傾向があるので。天王星が入ることで、なじめないものに直面させられるというのはあるかと思う。

ただ、身体性に対する新しい気づきなども同時にあると思う。AIが取りざたされているけれども、その基本は計算機で、その範疇にない物・数値化できないものが人間のまかなうべき部分となっていく。感覚・感性的な部分がそこにあたるかな。

あとAIについて、人間にしか賄えない部分として創造性・能動性なども挙げられる。この辺は獅子座がらみね。

牡牛座天王星入りはそれなりに大変な感じですが、いったんそこから切り離されたり、断絶が起こったとしても、その結果、本質的な部分や絶対的に重要な部分に気づくことになるのだろう…と思ってます。まあ、細かいところというか、それぞれの人への影響や対応方法については4月22日のワークショップでお話しします〜(^_^)
====================

【WSのお知らせ】
4月22日(日)
「天王星・牡牛座入り〜変化に対応していくためのアロマ・フラワーエッセンスワークショップ」
天王星牡牛座入りで、何が変わる?具体性の土のサインでの変化はどんな影響に?アロマ&フラワーエッセンスでそれらをチャンスに変えていくWSです。
ご興味がありましたら、ぜひいらしてくださいませ。

http://aroma-astrology.seesaa.net/article/458035439.html

ラベル:牡牛座 天王星
posted by といし at 16:43| Comment(0) | 西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする