2017年08月23日

獅子座新月(日蝕) 後日談?(へし折れるコースについて)

【獅子座新月(日蝕) 後日談?】

獅子座新月の記事に関して、ちょっと上げ目に書いたのですが、
実はドボンと落ち込むコースもあります(^_^;)

へし折れる獅子座というか、獅子座には素晴らしい自分を押し出す傾向と同時に、
駄目な自分に対して徹底的にへし折れる傾向もあります。

やりたいことをやっている素晴らしい自分については、全力で自分押しできるのですが、
それがうまくいかなかったり、やろうと思っていたことができないなどあると、
すべてに関してダメという発想に至り、
場合によっては、こんな自分なんて生きている価値無し!、ダメすぎて死んだほうがまし!と言い出すレベルまで行きついてしまうことも…。

不動宮特有の極端さでもあるのですが、
太陽をルーラーとするサインというのもあり、キラキラと活動しているときに太陽的に「生きている自分」を押し出すのですが、キラキラしていない自分は「生きていない=死んでいる」発想に行きつくこともあるわけです。

柔軟宮のトラインやセクスタイルなどが(射手座の天体や双子座の天体からの)あれば、
発想にバリエーションが生まれることによって不動宮の極端さが緩和されるため、こんな自分はダメだけど、こういう部分は結構いけてる…など逃げ道もあります。
今回の場合は、ゆるく射手座土星がトラインになるのもあり、
それなりに考え方のバリエーションも生まれますが、土星であるゆえに「やるところはちゃんとね」と要求されるため、
ちゃんとやっていないダメな自分…
と落ち込むコースにハマることになってしまいます。

一昨日〜今日にかけてはぼちぼちそういう方も多かったのではないかな…とも思います。

が、実はここからコースが2つに分かれていて、ダメコースのまま半年過ごすのか、
どん底まで行った後に、やっぱり駄目なのはいや!と盛り返すか。

どっちに進むかで半年後の姿が違ってくるはずです。

実際はダメでもなんでもなく、動けない自分、意欲があるのに進められない自分へのジレンマからそういう発想に行きつくだけなので、
何かモチベーションが上がる要素を思い出しつつ、エンジンを温め、半年めどにちょっとずつ動かしていくとよいでしょう。

前の記事で、無理目な物をも動かす獅子座という話をしましたが、
動かそうと思うものが難しいものであるからこそ進まないだけで、
それで自分をダメ人間扱いする必要はないのです。
また不動宮(固定宮)ですから、状況を変える事、思い切って変化する方向へ舵を切ることはなかなか容易ではないですし。

どうしても落ち込みから抜け出せないと感じる場合は、
アロマだと、獅子座のオレンジやメリッサ、
フラワーエッセンスなら、不動宮のゲンチアンやラーチがおすすめです。

どん底ぐらいまで落ちたら、あとは登るだけですよね。
そのスピードは早くなくても構わないのです。


posted by といし at 21:46| Comment(1) | 西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

獅子座新月 8月22日 〜変化の方向性を公的な場で示す〜

【獅子座新月 8月22日 〜変化の方向性を公的な場で示す〜】

8月22日は2度目の獅子座新月です。

Image-1.jpg

獅子座というと火のサインだし何か勢いのあるようなイメージが強いかもしれません。
しかし、実際には不動宮ということもあり、自分の意思や意欲に対して、絶対に曲げず(不動宮)どんなことがあってもそれを押し続けるという根気強さもあるサインといえます。
たとえ達成が困難であるかのように見えても、あきらめずに時間をかけてそこへたどり着こうとします。
夢をかなえるということに関しても、夢というと何となくふわっとした目的であるかのように思われますが、獅子座にとっては自分の延長にあるものという認識に近いかもしれません。

こうした獅子座のあり方は、何か目的を持って活動する人にとっては後押しになりますし、そうした意味では、この新月はタイミングとしてよいチャンスになりうるともいえるでしょう。

また通常新月の有効期間は次の新月まで、とりわけボリュームゾーンといえるのは、次の満月あたりまでです。
しかし、今回は日蝕であることから、この半月間だけではなく、
次の日蝕まで、つまりほぼ半年後まで、こうした流れが続くでしょう。

短期間に達成できない目的であっても、半年後ならめどが付くかもしれません。
めどまでたどり着かなくても、気持ちが固まるかもしれません。
獅子座の場合は気持ちを固めた時点で、最後まで到達する意欲としてそのあたりが確定されていきます。
あとあと、ぐらついたり、あきらめたほうが良いように思える時でも、
なぜか、それをやりたいという気持ちが頭をもたげて、結局そこへの歩みを続けていくことになるでしょう。

また今回のホロスコープの配置として、太陽と月は1ハウスと2ハウスの境目。
またMCにある牡羊座の天王星とトラインを取ることから、
収入面・仕事や公的な立場の変化にかかわる動きになる可能性が高いでしょう。
収入や社会的立場に関し、不満があったり、改善したほうが良いものが見えてきた場合、
改善へのチャンスとなりうるタイミングとなりうるでしょう。

またMCの天王星は、変化の方向性を公的な場で示すことでもありますから、
実際に何かアクションを起こしていなくても、
どのようになりたいかを公言することで、この配置の力を活用することができるでしょう。

ひとまずどうなりたいかを広く伝えてみる…
ブログで、FBで、職場で…などなど。

また公言したからにはやらねば!という意思が働くこともプラスになりそうです。

あちらこちらで、この8月は大きな変化が起こるという話が出ていますが、
どちらかというと大きな変化の芽がこの時期にある…という方が近いかもしれません。

半年後、
そういえば8月ごろの行動によって今の自分があるなぁ…
など、思い至ることなどもありそうですね。


posted by といし at 12:40| Comment(0) | 西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

水瓶座満月 〜やりたいことを需要から見てみる〜

【水瓶座満月 〜やりたいことを需要から見てみる〜】

8月8日は水瓶座で満月です。

水瓶座満月2017.jpg

加えて部分月蝕で、月が1/4程度まで欠けるそう。
ただし台風ですから、関東近辺の方は見れないですよね(^_^;)

さて今回の満月(月蝕)は獅子座2ハウス太陽と水瓶座8ハウス月の間で起こり、太陽には火星が合。また太陽と月のオポジションを天秤座4ハウス木星が調停しています。
太陽や火星のある獅子座は主観・能動性の最たるサインですし、一方、月のある水瓶座は客観・受動性の最たるサインです。面白いくらい視点の差があり、私の熱意にピンポイント集中な獅子座と、徹底的に個人的な視点を排して客観的な立場を取る水瓶座の対比により、だいたいにおいて、水瓶座側が獅子座の熱意を持った活動を客観的に評価する・客観的な視点から足りない部分を指摘する、などが起こりやすいといえます。

そうすると、獅子座側の盛り上がりが一気にトーンダウンする部分はあるのですけれど。この時期はそれらを受け入れていくことの重要さが示されます。
やりたいことをやりっぱなしだと、結果的に、自己満足の世界で終わりがちですし、ある程度客観的な視点から修正することで、それをさらに発展させて行けるからです。

また特に今回の満月は、2ハウス−8ハウス間で起こります。
2ハウスは、自分の身体的な・安全感覚と自己保全に要素に基づいた活動を行い、その流れで自分の身体的に無理のない事、安全感覚につながる活動をよしとする場です。一方、8ハウスは、他者の要求を受け入れて、他者に合わせていくハウス。ざっくりいうと、自分のわがままを押し通す(2ハウス)か、相手のわがままを受け入れるか(8ハウス)という場ともいえます。
この満月では、自分らしさで押し通そうとする太陽火星に対して、需要としてはこういうものが求められているということを提示し、そこに合わせていくよう意識させる月というパワーバランスが、その構造から読み取れるでしょう。

ニーズに合わせていくということは創造性にまつわる獅子座からすると、一見、つまらなく見えてしまうかもしれません。しかし、ニーズがあるからこそ、それらが継続的に求められていくことになるのと同時に、2−8ハウスですから、お金にもつながりやすいともいえます。
しかしすべてをニーズ側に合わせてしまうと、完全に獅子座側のやる気がなくなってしまうので、ニーズを考慮しつつも、自分の資質、意欲をどう生かすか?ということを考え、それらを意図的に組み込んでいくことが大切です。

自分のやりたいこと、やっていること、やろうと思っていることが、客観的に見てどんな人たちに求められているのか、また相手は自分に何を望んでいるのかを丁寧に読み取っていきましょう。

またこの満月の配置に対して、天秤座4ハウスの木星が良い角度を取っていますから、例えば家族や身内同然の友人などに、自分の仕事や個人的な活動に関し、やってみたいことなどについて意見を求めるのもよいかもしれません。それにより、他者は自分に何を求めているのかが、またニーズとして自分の行うことに何を期待するのかを認識でき、方向性の確認ができるでしょう。

特に今回は、月蝕。
新月・満月が蝕にかかわる場合、その影響力は大きく出るといわれています。
ある意味、何か変化を起こすのであれば、その結果がくっきりと出てくるともいえるでしょう。
ですから、大きく舵を切るならば良いチャンスになりうるということ。
ただ単に自分なりにあれこれ模索するというよりも、良いアドバイスをうまく活用したほうが、良い結果につながりやすいということ。
自分のやりたいことを中心に据えつつ、意見を程よく取り入れ、大きな一歩を歩んでください。
posted by といし at 14:45| Comment(0) | 西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする