2018年01月02日

蟹座満月 〜実現への旗を掲げる〜

【蟹座満月 〜実現への旗を掲げる〜】
新年、あけましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

蟹座満月2018.JPG

年明けすぐに満月というのもちょっと不思議な感じですが、
近地点に月があるスーパームーンだったり、
満月に加わったグランドトラインがカイトの配置を形成するなど、
なかなか盛り上がる要素のある満月図といえます。

太陽はMC近くにあり、さらに金星と合。
またIC近くにある月と、蠍座の火星、魚座の海王星でグランドトラインを形成し、これに太陽金星を加えると、カイト(凧や帆船の帆のような配置)を形作ることになります。
これはわりと強力な配置だったりします。

水のグランドトラインのすごいところは、すべての天体がすべてルーラーにあり、最も力を出しやすい場所にあるということ。
まるっと、ルーラーにある状況でグランドトラインというのは、たぶん私自身も初めて見たかもです。
また、山羊座の太陽や金星はそれほど強い配置ではなくとも、MCという強い場にあったり、また太陽と金星のある山羊座のルーラー土星は、これまた自分の住処である山羊座にあることから、そこそこ後ろ盾のある強い状態といえます。

ただし、土と水という女性サインでのカイトですから、ノリノリというわけではなく、むしろグッと手ごたえのある進み方という形で出るでしょう。

特に焦点となる山羊座の太陽・金星は、現状に即した実行力を示しますから、
現状を踏まえて、適切な行動を瞬間瞬間の判断で実行するということをしていくことにつながります。
またそれにより、水のグランドトライン部分が発動しますから、
実行してみたら、結果的に多くの人の気持ちを動かすことになり、大きなムーブメントに発展していったり、
さらには心的な満足感を得られるような結果に導かれたりする可能性が高いでしょう。

特にMCにありますから、
割とそれを明確に社会や多くの人に見える形で表現していくことになります。

…ここまで書いて、ふと思ったのですが、今日のこの配置って、
一年の目標を掲げて提示するのにとても良い状況かと思います。
今年○○する!それに関することを必ず実行します!
など人目につくところに掲げておきましょう。

ということで、私の今年の目標ですが

「本を出す」

です。
フラワーエッセンス関係で書きたい内容があるので、その原稿をまずまとめていきます。
ひとまずそこから実現の足掛かりにしようと思っています。

というところで、皆さんも、ぜひこのタイミングで、自分のやりたいことを掲げる&実行してみてくださいね。

またもしよろしかったら、

山羊座の精油、シダーウッド
蟹座の精油、カモミール

で芳香浴しながら宣言してみてください。

実行への意欲や内的な安定感がぐっと深まりますよ。

2018年も、どうぞよろしくお願いいたします。
posted by といし at 14:17| Comment(0) | 西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

射手座新月 〜対人関係における決断が未来につながる〜

【射手座新月 〜対人関係における決断が未来につながる〜】

12月18日は射手座の新月です。

射手座新月2017.JPG

太陽・月にプラスして土星が重なり7ハウスに、また牡羊座の天王星が11ハウスにあり、それらの天体とトラインの角度を取っています。またこのトラインに対して、MC(水瓶座)が小三角を取るような配置にあることから、目に見えるような形である意味、変わり目がやってきます。

ソフトアスペクトを中心とした変わり目ですから、スムーズに移行することが期待できますが、土星と天王星の組み合わせでもありますから、どちらにせよ明確な形で打ち出すことになるでしょう。
しかもMCがらみですから、社会的にそれらを明示するということにもつながりやすいので、なんとなく〜とか、ゆるく〜とかではなく、こうします、こうなります!と公に宣言するような形をとることになるようです。

新月のキモとなる太陽と月は7ハウス、また天王星が11ハウスと、対人関係にまつわるハウスにあることから、変化のテーマは対人関係とわかります。

こんな人と関わっていきますよ!この人とは縁を切りますよ…などなど、縁の変化について、公言するような形で表していきますが、こうした行動が11ハウスの示す未来をより良いものに変えていく力となっていきます。

一つの決断が、未来を変えるということ。

それまでにいろいろ考え、逡巡してきたかもしれません。
特に土星射手座時期特有のあれこれ考慮する傾向も加わり、なかなか決断できないこともあったかと思います。
射手座から土星が抜けるタイミングはある意味、これまでの2年半の間の総まとめをするよう促しますから、
一応、ここまで逡巡してきた考えをまとめて、切るところは切る、つながるところはつながり続ける等、決断をすることになるのかもしれません。

山羊座土星は、「決断したなら、こう動きましょう!」という動的な要素として出てくるので、このタイミングで決断をしたほうが、後々物事がスムーズに…という以上に、ぐんぐん進んでいくことになるでしょう。
もちろんそれが未来につながるというか、どちらかというとすごい勢いで未来を形成していくことになるかもしれません(^_^;)

どちらにしろ、この時期の決断。
特に対人面での決断は、良い方向に転びやすいので、勇気を振り絞って自分の決断を公言していってみましょう。

posted by といし at 15:03| Comment(0) | 西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

双子座満月 〜射手座土星、総まとめ〜

【双子座満月 〜射手座土星、総まとめ〜】

12月4日は双子座の満月です。

双子座満月2017.JPG

というか、蠍座新月時期があまりにも忙しすぎて、まさかの原稿落とし…すみません。
まさかそんな!という忙しさレベルで、終わった後は満身創痍でした。
木星が関わるサインでの出来事は、相変わらず目いっぱいになりがちです(^_^;)
特に不動宮なので、できることはできる限りぎゅうぎゅうと…って感じになりましたorz

さて、双子座の満月に気持ちを向けてみると、またまたこちらもバタバタしそうな配置です。
太陽3ハウス射手座と月9ハウス双子座の配置に、きれいに海王星6ハウス魚座がTスクエアの配置を取り、柔軟宮+ケイデントハウスという複数案件抱え込みによる混乱が見られそうです。まあそもそも海王星も混乱に加担しそうですが。

満月図のアセンダントは乙女座の29度、また実際の動きにかかわる月は双子座であり、双方のルーラー天体は水星ということで、水星が着目ポイントになります。

この射手座の終わりにある水星ですが、射手座土星とコンジャンクションし、しかも逆行ということで、どうやらこのバタバタの趣旨としては、ここ2年あまりの土星の射手座経過の総まとめをしたいのか?という感じです。

ここ2年あまりの間、いったい何ができて、どうだったのか?
またそれに付随して、今後の行動や身の振り方を決めていくことになるでしょう。

9ハウス月の示す「理想」を基準にして、3ハウス太陽の示す「どれだけ実績を積んだか」を確認していくとよいかもしれません。
ただし、6ハウス海王星の示す、「それがどれぐらい役に立つか?」というあたりに意識を向けると、何が役に立ち、何が役に立たないかで、蓄積してきた物への達成感が台無しになってしまうかもしれません。
役に立つ・立たないは問題にせず、ひたすら自分の足取りを追いかけてみてください。

また水星と土星の合に対して、牡羊座天王星と天秤座火星のオポジションが良い角度を形成しています。
まとめを確認するにあたって、現状、自分に何ができるかを、実際の行動の中で確認していくことを促していると読めます。
つまり積んだ実績を実際の場で実行してみる、ということ。
それによって、ここ2年あまりの成果や結果を確認することができるはず。
あれこれ考えすぎず、現場で確認すれば、ちゃんと実感できますよ…というわけです。

このまとめによって方針を確認し、山羊座土星で物事を動かしていくことになりますので、確認作業はなるべくやってみてくださいね。

目標としたことに対して、できたこと、できなかったことを書き出すのもよいかもしれません。
さらに、できたことに対して自分をほめるのもおすすめですよ〜(^_^)

posted by といし at 17:13| Comment(0) | 西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする