2017年04月10日

天秤座満月〜動かしがたいものを確認してみる〜 

【天秤座満月〜動かしがたいものを確認してみる〜 】

4月11日は天秤座で満月です。

2017天秤座満月図.jpg

牡羊座の太陽と天王星は8ハウスに、
天秤座の月と木星は2ハウスに、
また、山羊座冥王星が5ハウスにと、サクシーデントハウスに集中した形で満月を含めたTスクエアが形成されています。

2週間前の牡羊座の新月では、ひとまず動いてみようということをお伝えしたと思います。
それは動いてみたらグッと加速していくよ、という部分もありますが、また動いてみることで見えてくる物やわかることなどがより明確になってくるのが、この満月というところでしょう。

サクシーデントハウス(2・5・8・11ハウス)は、人にとって動かしがたい物である、身体要素、生きる喜び、重要な人との気持ちのつながり、未来といったテーマに関わっているため、この満月がそれらを刺激することになるのです。
つまり、動かしがたいものに気づき、それを動かすべきか・また動かすならどう動かすかという意識が上がってくるということ。
すんなり、それらを動かすことに移行できる方もいるでしょうし、できない方もいるでしょう。
しかし、少なくとも、そうしたものがあるということに気づくことで、
変化に対して、それをただせき止めるような働きをしているのか、それとも本当に動かすべきものではない軸のようなものであるのかもはっきりしてくるはずです。

この満月から1〜2週間程度の期間、身辺整理や自分の周りの状況に対して再構成(リストラクト)するような機会がやってくる可能性は高いでしょう。
その時、よくよく考えてみると変えてしまっても構わないものがある一方、人の命を守るものや信念…といった基軸のようなものもあり、それを残しつつ、再構成をする必要があるという状況が出てくるのです。

そういった状況で、どう動いていったらよいのでしょうか?

満月図では、牡羊座のルーラーである火星は9ハウス(牡牛座)にあり、広い視野で物事見る事を促しています。また天秤座のルーラーである金星(魚座)は7ハウスにあり、人に相談したり、状況を開示しつつ意見を求めるスタンスを示します。

つまり、取捨選択において、捨てるか残すか決められないようなとき、一歩引いて広い視野で物事を見直してみるか、誰かに相談し客観的な意見を仰ぐということが、よい形での取捨選択を推し進めることにつながるよ、ということ。

物事の重要度は、主観でわかるものと、客観的に見たことで立ち現れてくる物があると思います。
今回の満月は微妙に主観寄りのところでうっかり決めてしまいがちな部分もありますので、なるべく人の意見を参考にし、また全体を見通しながら、丁寧に吟味して歩んでいくと、必要かつ状況に即した変化を推進できるでしょう。

変えることだけが正しいのではなく、何のために何を変えるのか…を意識しつつ、歩んでみてくださいね。


posted by といし at 21:44| Comment(0) | 西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

<3月12日 乙女座満月 〜勇気をもって宣言する〜>

<3月12日 乙女座満月 〜勇気をもって宣言する〜>

昨晩、3月12日は乙女座で満月。
FaceBookの方には昨晩アップしたのですが、ブログの方は遅れてしまいました(汗
でも、まだ満月の影響圏内ということで…。


満月図は特徴的なMC月−IC太陽という状況。
前回の魚座新月でもICに関連する話でしたから、まさに前回のお話の続きといえます。

新月の時に自分の心理的な基盤を確認したと思いますが、
これを基準に自分がどうするかを高く掲げていくのがこの満月です。

MCは社会的な看板といえる部分で、公の場で自分の在り方を提示していくところです。
ここに月がある、つまり、新月で始まったテーマやその時に確認し、心に決めたことを社会的に打ち出していくという流れになるわけです。

とりわけ、魚座の新月で霊的な基盤を確認したのですが、その確認したのちに自分がどうするか、どうなりたいか、また自分が何であるかということについて、はっきりと打ち出していくということ。それがこの満月での大きなテーマとなります。

ただ、それを明示していくことに対して、1ハウスの土星がハードルを上げていきます。
本当に掲げたことを実行できる自分なのか、その熱意があるのか、また自分にとって本質的に必要なことなのかを突きつけてくるわけです。
そのため、安易に「これやります♪」「こうしていきます〜」とは発信できない自分を発見するでしょう。

しかし、それでも自分がやらなければ、自分が動いていかなければ、という思いに迫られることによって、この土星込みで動いていくことになるのです。

抱えきれない、やり切れないからひっこめるという方向になるか、それでもやらなければという思いで推し進めていくか…という岐路に立たされますが、動いていくことで、次の動きとしての春分図が大きく加速させていくので、
(ちなみに春分図は嵐のような図です(^_^;))
嵐に乗っていく形で物事が進展していくでしょう。

ひっこめるという方向の場合、とりあえずやり過ごすということもできますが、多くの場合、次に来る嵐に巻き込まれることになるかもしれません。

嵐に乗っていくか、巻き込まれてどこへともなく飛んでいくか…どのようにこの嵐と関わっていくかの選択の場ともいえるかもしれませんね。

大々的に宣言するのは難しくても、例えば、ちょっと紙に書いて部屋の壁に貼っておくとか、身近な人にこそっと宣言する…みたいな形でもありだと思います。
その辺は柔軟宮の満月ですから、ちょっとした緩さはありなのですよね。
これが活動宮の満月でこのような図だったら、きっぱり言い切れとか書いてしまいそうですが(^_^;)
なので、こそっと、でも志は大きく、ご自身の意思を掲げていきましょう!

posted by といし at 11:17| Comment(0) | 西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

2月11日獅子座満月 〜未来への下準備をする〜

<獅子座満月 〜未来への下準備をする〜>

2月11日は獅子座の満月です。

獅子座満月.JPG

配置的にはなかなか華やかで、双子座の25度あたりに天体があれば、正六角形の配置になるため、特に双子座の25度近辺に何か天体や感受点を持つ方にとっては、何かの成就や実行にかかわる、大きなターニングポイントになりそうです。

というか、海王星と冥王星以外は火と風の男性星座に入っているわけですから、能動的な要素が発揮されやすく、物事が進展しやすい、もしくはバタバタしやすい(^_^;)とも言えますね。

太陽は水瓶座11ハウス、月は獅子座5ハウスということで、熱意を胸に未来を意識するというあたりが基本方針になりますが、9ハウス射手座の土星により、明確な理想を掲げることでそれらが推進されるとも考えられます。

一方、天秤座の木星は6ハウス、牡羊座の天王星が12ハウスと、人脈にまつわる下準備(木星)と、ネットなどを活用した根回し(天王星)がそれらをフォローすることから、ただ単にノリや勢いで物事を成就させようとする軽さは減り、むしろきちんと準備する姿勢がうかがえます。
計画していることに対して、オフレコでグループチャットなどで準備を進めたり、意見のすり合わせをするなど、水面下で進行させておくことが重要で、それにより、いざスイッチが入った時に協力し合いながら適切に推進して行ける…ということです。

一人で何かを行うような場合も、ある程度理解してくれそうな人に内々に事情説明をしておくと、思いがけずフォローしてもらったり、よいアドバイスをもらうなどもあるでしょう。

一人で突っ切るというよりも、仲間の協力により未来を作り上げるという意識が大事ですし、また一人では成しえない成果を手にすることもあるかもしれません。

またこの時、最も現実的な土星が良い意味で指針になります。
つまり、理想を明確にしておくこと。
また、なぜ・何のためにそれをしたいのかをはっきりさせておくことで、方向性のぶれもなくなりますし、さらには賛同者も集まりやすいでしょう。

おすすめの精油は、
獅子座のフランキンセンス(自分の意思確認に)
水瓶座のユーカリ(人々との協力体制形成に)
射手座のグレープフルーツ(理想の明確化に)

ブレンドしたものを使ってもいいですし、それぞれをテーマ別に、意識化するために使うのもよいでしょう。


未来につながる、素晴らしい時機となりますように!
posted by といし at 14:50| Comment(0) | 西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする