2017年01月12日

蟹座満月1月12日 〜動かすかかどうかの選択〜

<蟹座満月1月12日 〜動かすかかどうかの選択〜>

1月12日20時33分に蟹座満月になります。
蟹座満月2017 1月.JPG

新月からの流れとして、夢を語ったり、夢で見たもので確認しながら、自分の真意を実感するということが起点になりましたが、この満月では、それを踏まえて、行動の選択ポイントがやってきます。

チャートを見るとびっくりするような活動宮グランドクロスで、
これは物事が動くよね!という認識になりやすいのですが、サクシーデントハウス(2,5,8,11ハウス)ですので、そもそも動かしがたい資質・資金(2ハウス)、5ハウス(意欲と動機)、8ハウス(信頼)、11ハウス(未来)を動かすことになるので、動かさないと決めれば動くことはないですし、動かすとなった場合はドラスティックに変わっていくことになります。

月は11ハウス蟹座。未来に思いをはせたら、お金や信頼・信用に関して、不足や不安を感じそうですが、不安織り込み済みでその場にとどまるか、不安を安心に変えるべく、太陽山羊座5ハウスが示す、いきいきと生きていこうという意欲を骨格に変化への道を歩んでいくか…ということ。
サクシーデントハウスで、ということに加えて、太陽の近くに冥王星があることも大きな要因で、全力を傾けるか、全く何もしないかのどちらかになりやすいのです。

これを本当に動かすかどうかは7ハウスの天体群にかかっているかもしれません。
7ハウスの火星は太陽・月のオポジションに対して、調停の配置を取り、不安から行動への切り返しに対して、誰かに相談したり、他者の協力を得ることでスムーズに実行へ移せるよう働きかけます。またディセンダントに乗った金星・海王星も、他者から思いがけないヒントをもらったり、周りの人のやさしさに触れるという形で働き、それらが不安や緊張を緩め、道を切り開く気力をチャージしてくれるでしょう。

ただ、変えるということに関して、蟹座・山羊座での満月ですから、個人ベースのレベルではなく、家族、職場、会社、仕事、対人関係など、それなりの集団レベルでの変化になりうるということ。勢いだけではどうなるものではなく、非常に強い胆力と精神力が必要とされます。
枠組みを壊しっぱなしにするのではなく、より安心できる形を求めて再構築するということは並大抵のことではありません。それでも、今よりもより良い未来を求めるなら、変える必要があることに関して、動かしていかざるを得ないでしょう。

全般的には、動き始める人と通常モードの人に分かれそうですが、
どちらのコースを歩むか?それはひとえにみなさん自身の選択次第といえます。

(〜追記〜)
精油のフォローということで、
もし動きたいようでしたら、
山羊座で、かつ冥王星にも関連したサイプレスが後押ししてくれるでしょう。

また動かないという選択をした場合、
蟹座のカモミールやマンダリンが不安をやわらげ、
心を温めてくれるはず。

バタバタしやすい時期ですが、アロマをうまく使って乗り切っていってくださいね。


posted by といし at 15:16| Comment(0) | 西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: