2016年08月29日

8月30日、水星逆行

<8月30日、水星逆行>
明日、30日の夜から9月22日まで、水星が逆行します。


ならば、明日までに進めて置いてしまいたいことをやっておけば、と思いますが、
実際には逆行の前後3日くらいは「留」という状態で、
天体が止まっているように見える現象が発生します。
もともと水星は、ちょろちょろ動き回るのがデフォルトの天体ですから、
止まっている状態はかなりストレスフルというか、
水星にとっては最もウエルカムではない状況かもしれません。


実際にはこの留にすでに入っているので、何かしら遅々として進まない様相を感じ取っている方もいらっしゃるでしょう。
この時、進まないことに意識を向けるよりも、「進みにくい時期だ」ということに意識の焦点を合わせることで、幾分いらつきは緩和するはず。

また留から抜けても逆行は9月22日までありますが、
この時も「進まない」という認識よりも「物事を見直す時期」としてとらえると、
その状況をうまく活用して、見直しから欠点や穴を再発見するなどあるはずです。


また何かを発信したい方は、この留の期間を抜ければ、
まあぼちぼち大丈夫です。
後で修正を入れることになると思いますが、
その辺も織り込み済みにしておけば問題ないでしょう。


さて、今回の水星逆行は乙女座で、しかも次のサインに移行するぎりぎり29度で引き返してくるという面白い動きをしています。
乙女座水星は、段取りを考えたり、実際に手配したりなどして物事を進めていきますが、29度あたりになるとみっちり計画を練り、あとは周りの人たちに周知する(天秤座)だけ、といった状態。
そこでの逆行ですから、まさか間違えなどないはずなのに、実はよく見てみると足りない部分があった…なども見つかるかもしれません。
ただし、逆行により内向的な方向性が強くなることもあるので、
重箱の隅をつつくような状態になることは気を付けた方が良いでしょう。


この後、9月1日に乙女座新月(&日蝕、この図も結構えぐい(^_^;))ですが、
太陽・月の座する乙女座のルーラー水星が逆行しているので、
何かを始めても行きつ戻りつになるのは、仕方ないかもしれません。
まあ、戻ることで精度を上げると考えるとよいでしょう。


ただ、まるっと次の満月までに練り上げていく…というよりも、
9月9日の天秤座木星入りで、
「まあいいから、出しちゃえ〜」
みたいな展開はあるかもしれません(^_^;)


それにしても、水星逆行の日に首都圏は台風が来るらしく、
交通機関が止まっても、その辺は致し方ないというか、
微妙に心の準備ができているところが、
水星乙女座の品位の良さによるものかもですね。
娘などは学校が休校になればいいのに、とか言っています(^_^;)
タグ:逆行 水星
posted by といし at 12:41| Comment(0) | 西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: