2016年05月06日

自分ペースで進める牡牛座新月(5月7日)

<牡牛座の新月>
5月7日午前4時29分に牡牛座で新月です。

牡牛座新月5月7日.JPG

太陽も月も1ハウスにある上に、
アセンダントも牡牛座、
さらに太陽・月・アセンダントのルーラーの金星は
12ハウス側にあるもののアセンダントに乗っていて、
さらに自身の座である牡牛座に回帰していますから、
とても強力な新月といえます。

やりたいことがあるならやろうよ!

という後押しが思い切りできる新月でしょうか(^_^)

特に新月は新しいサイクルのスタートですから、
やりたいことがあるならばその実行に関して、
スムーズに進みやすいでしょう。

ただし、牡牛座ですからガンガンやる!というよりも、
牡牛座にまつわる身体感覚として納得できることを、
自分のペースで丁寧に打ち出していく…
というやり方です。

ですから、自分に無理のない歩みで、
感触を確認しながら、
そして、金星にまつわる「好き・楽しい」という切り口から、
物事を進めていくといいでしょう。

牡牛座は、自分の身体性に基づいた活動を促しますから、
自分の身体や感覚に合わないものを無理やりやるというのではなく、
できるところからじょじょに進めるやり方です。
嫌なこと、無理なことはやらないというスタンスが
今回は正解とも言えますね。

またこの太陽と月には楽しみや喜び・趣味などに関連した5ハウスの乙女座木星が
良い角度を取りますから、
やりたいことに対して趣味的なスタンスから、細やかに分析しつつ、
実行を促していくことに。

それを考えると、実行や実現は割とスムーズに行きやすいといえるでしょう。
ただし、多くの天体が逆行中ですから、
グングン進むというわけにはいかないですし、
金星的な楽しいことから自分ペースでじっくりと進めることになります。

また、成長に関連した9ハウスの山羊座冥王星も、太陽・月や乙女座の木星と良い角度を取り、全体でグランドトライン(グランドトリン)という配置に。

普通のグランドトラインは、さらにスムーズ度が上がる、ノリの良い配置ですが、
今回は冥王星が絡むため、ノリの良さはガクッと落ちるというか、
冥王星自体が100か0かという極端な天体ですので、
トラインといえど、スイッチが入るかどうかは、
本腰を入れるかどうかにかかっているということ。

つまり、本気で根性を入れないとグランドトラインにスイッチ入らないよ

ということ。

1ハウス牡牛座太陽・月△5ハウス乙女座木星という組み合わせ自体は、
自分の無理のないペースで楽しく進める…という
敷居の低い、取り掛かりやすい入り口ですが、
グランドトラインの効果を求める場合は、本気でやらないとスイッチ入らない、ということに。

特に、冥王星は9ハウスにありますから、
成長したい、飛躍したいという望みがある場合、
徹底的に取り組み、それに専念することをおすすめします。

ただ、本気モードを入れないと何もならない…というわけではなく、
趣味的な入り口から、形の見える成果へ向けた半月を送ることも可能です。
しかし、さらに上を目指したいという場合は、
本気モードになることで、飛躍的な成果を手にすることもできるよ…
というわけです。

どちらにせよ、土のサインでのアスペクト形成ですから、
何かを形にしたり、技能を習得したり、
またお金に関する取り組みはとてもおすすめですね。
金運アップのためにお財布買い換えなども、
タイミング的に良いかもしれません。

また牡牛座のアロマでは、
ローズ、パチュリー、クラリセージ
乙女座では、
ラベンダー、マートル、フェンネル

あたりを新月の日に使って、
運の流れをサポートするのもよいでしょう。

山羊座冥王星の本気スイッチを入れたい場合は、
サイプレス
を加えてみてくださいね。

posted by といし at 15:03| Comment(0) | 西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: