2017年05月23日

アロマ占星術単発講座「アロマ占星術〜小惑星とその他の感受点〜」


アロマ占星術単発講座
「アロマ占星術〜小惑星とその他の感受点〜」

占星術では主要10天体の他に様々な小惑星や感受点があり、
それらをそれぞれのテーマに基づいて読み解いていきます。

例えば、心の傷からそれを癒しへと転換するキローン(カイロン)や、
また、女性の様々な側面にまつわるリリス(影の側面)、
ジュノー(権利の主張)、ベスタ(純粋な献身)、セレス(育成)、パラス(知恵)など。

細やかに読むことによって、人の心の中にある欲求や心の傷などより詳細にその人そのものがわかってくるのです。

この講座では、3回にわたって各小惑星や感受点について学び、それらのポイントがチャートの中でどのように働くかをチャートを見ながら確認し、アロマ占星術をどのように応用していくのかを示していきます。
またそれらの天体に対応したアロマについてもお話していく予定です。

内容は、
1回目 8月8日(火):キローン(カイロン)、リリス
2回目 9月12日(火):ドラゴンヘッド&テール、パートオブフォーチュン・パートオブスピリット
3回目10月10日(火):ジュノー、ベスタ、セレス、パラス

単発講座ですので、気になるテーマだけなどのスポット受講が可能です。

ご興味のある方は、ぜひお越しくださいませ。


<対象者>
西洋占星術初級程度から。アロマ占星術に興味のある方。

<日程>
1回目 8月8日(火)
2回目 9月12日(火)
3回目 10月10日(火)

<時間>
13:00〜16:00

<受講料> 
1回 8500円

<場所> 
アコスタジオ(原宿駅徒歩3分)

<定員>
10名

<お申込み&お問い合わせ>

登石メールアドレス sango@@wa2.so-net.ne.jp

※ メルアドの@@を@一つにして送信くださいませ。
 (スパム対策で上記のように表記させていただいております)
posted by といし at 11:39| Comment(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

【太陽が双子座に入りました(5月21日)】

【太陽が双子座に入りました】

5月21日、太陽が双子座に入りました。

これからひと月、社会的な動向や個人の活動傾向に関して、双子座的要素が強まっていきます。

双子座は牡羊座から数えて3番目のサイン、柔軟宮・風のエレメントのサインです。
柔軟宮は、その前の活動宮・不動宮という、動く・動かないという要素をうまく調整して、それらを同時にこなそうとします。この双子座では、魂のままに動きたい牡羊座と身体を備えた牡牛座を両立させるために、魂のまま(牡羊座)に足を動かしながら(牡牛座)フットワーク軽く行動するという方法でそれらを同時にこなすのです。
また双子座は好奇心旺盛と言われますが、その裏には身体を備えたうえで行動することの危険性を認識していて、体を傷つけるようなことがないよう、外部の状況に気を配るということから、外的要素に興味を抱くことが根本と言われています。つまり生き残るためには外部情報取得が大切、自分の身の回りで起こるすべての事柄にアンテナを張っていたい、という行動につながるわけです。好奇心旺盛の裏のサバイバル意識ということですね。

外的要素は、情報だけではなく人の動向や人との関わりも含まれます。
そのため、全体的な雰囲気として情報に敏感になっていったり、人との関わり方に対して積極的にコミュニケーションを取って相手を知ろうとする欲求も高まるでしょう。知り合いも増えていく傾向も出てきます。

ただ、この双子座に対して、射手座にある土星や魚座にある海王星が大きな影響を与えてきます。
射手座の土星は、さまざまな情報に関して、「で、それをまとめるとどういう意味があるの?きちんと形にして」と要求してきます。気楽に様々な情報に触れたり、人とのやり取りを楽しむ雰囲気がちょっと薄れてしまうかもしれません。しかしそれによって、何のためにそれを知ろうとするのかという動機の部分に関して、自分自身も明確になってくるはずです。

で、もうちょっと厄介なのは、魚座の海王星。
情報の多様性について、明確に見えてくる物だけではなく、その背後にあるものや人の気持ちなどもくみ取るように要求するので、双子座側がキャパオーバーになってしまったり、混乱してしまう可能性も大です。
さらに、土星がまとめるよう要求するので、まとまらないものをまとめろということにパニックになることもあるでしょう。
柔軟宮に太陽や月・アセンダントなどある方は、これらの流れに巻き込まれやすいので、注意が必要かもしれません。

こうした混乱に関して、おすすめな精油は、ペパーミントとレモングラス。
ペパーミントは思考をすっきりと整理し、混乱してヒートアップした気持ちに涼やかな風を吹き込んでくれます。気持ちの切り替えにもいいですね。
またレモングラスは混乱しすぎてどっち方向に行ってよいかわからない時、最も適切と思われる方向への流れをつけ、混乱を緩和してくれます。

フラワーエッセンスでは、セラトーとホワイトチェストナット。
セラトーは様々な情報や人の意見に振り回されすぎないように、本当に大切な軸に気づかせ、情報の取捨選択を用意にしてくれます。
またホワイトチェストナットは情報過多からの混乱や、暴風のように吹き荒れる嵐のような思考を鎮め、気持ちを整えてくれるはずです。

双子座の時期も、植物の恵みを活用して、健やかに過ごしてくださいね。

posted by といし at 09:38| Comment(0) | アロマと占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

蠍座満月 〜納得できることを地道に訴えかけてみる〜

【蠍座満月 納得できることを地道に訴えかけてみる〜】

5月11日の早朝、蠍座で満月になります。

蠍座満月2017.JPG

牡牛座の太陽は12ハウス、蠍座の月は6ハウスということで、実際的な部分やお金、肉体にまつわる何かを通じて、多くの人への貢献にしていきたいと示す牡牛座太陽に対して、相手の心情などを深く考えつつ、自分のできることを丁寧にこなしていくということで、それらを実現していく蠍座の月、という配置といえます。

先日の新月の際に自分の実感として納得できることを確認したと思うのですが、今度はその納得したことについて、地道な行動を通して訴えかけていくということになるでしょう。
ただし、12ハウスですから自分のメリット優先で物事を進めていくと、逆張りのような形でうまくいかないなどもあるかもしれません。あくまでも、人のためということを念頭に置きつつ、自分の納得できる手法、やり方で、相手に配慮しつつ注意深くそれらを行うということが大切です。

12ハウスがかかわっているので、なんとなく妖しい事柄が中心になるように思われますが、身体や物、お金にまつわる事柄に関する牡牛座と、粘り強い忍耐の中で深く信条をくみ取ろうとする蠍座の組み合わせですから、サービス業全般だったり、実生活の中でよくある光景として見つけやすいテーマといえるでしょう。お金をもらうからには、徹底的に相手の気持ちをくみ取り、必要な行動を慎重に行う…ということですし。

ただ、不動宮の満月ですから、自分や相手にとっての核心というべき部分というか、自分も相手も納得するものだったり、あいまいにその場限りのものでごまかさないという意識の強さが表れている配置でもあります。
なので、自分にとって「絶対に、これ!」というもので訴えかけたり、勝負したりということになるでしょう。またそれが相手にとって深い充足や満足につながるというわけです。

さて、牡牛座のルーラーである金星は牡羊座にあり、天秤座木星や山羊座冥王星とゆるくTスクエアに。一方、蠍座のルーラーである火星は双子座で、海王星とスクエア。先々を考えてあれこれと違う何かを付加していきたいけれど、気持ちが広がりすぎて収拾がつかない様相。もう一方のルーラーである冥王星は太陽とトラインで、システマタイズすることで牡牛座太陽に手堅さを付け加えるのですが、先ほどの金星や木星とスクエアでもあるため、人の言葉や意見に振り回されるなど、決心がぶれやすくなる様相も見えます。

つまり、人の意見やら情報やらを気にし始めると、確信を得たものや決心といったものが崩れやすいですよ、ということ。

人のうわさや情報、意見などは、あくまで参考にとどめつつ、自分の納得する活動を展開していくようにしていきましょう。
posted by といし at 15:20| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする