2016年01月24日

獅子座満月の流れ(2016年1月24日)

【獅子座の新月の流れについて】

20160124fullmoon.jpg

今日は獅子座の満月ですが、
前回の新月の結実として読むので、
1月10日の山羊座新月図も考慮して読みます。

20160110newmoon.jpg

どちらも、太陽は10ハウスにあり、社会に打って出たい意欲を示す勢いのある図といえます。

山羊座の新月図では太陽・月・冥王星がコンジャンクションで、
圧倒的な技術や具体性のある説得力を持って社会に打って出るという意欲。
また1ハウスの牡羊座天王星とスクエアなので、
自分独自の何かである必要を求めます。
「海賊王に俺はなる!」みたいな感じでしょうか…。

一方今回の満月では、太陽へのアスペクトは4ハウス獅子座の月と、
それらにスクエアするアセンダント。
月は安心できる場で意欲と気力をはぐくまれた月で、
また太陽はその月のある獅子座のルーラーですから、
月で蓄積したものを太陽でアウトプットしたい欲求が非常に高いといえます。

アセンダントは、牡羊座の最後の度数で、
ここは、ひとつ前の度数で宇宙の旋律を聞いたので、
とりあえず足元確認からじっくりスタートしようかな…
という状態。
次の度数から牡牛座に入って、じゃあ自分の身体から確認しようかという流れにつながるポイントです。

You、やっちゃいなよ!という太陽・月に対して、
小さなことからコツコツとなアセンダントの対比で、
多少はマッチポンプ的になるかもしれません。
やっちゃったけど、足ば固めてない…というあたり不安を揺さぶられやすいといえます。

また、太陽のある10ハウスには、MCに乗る形で冥王星・水星がありますから、
ここでもまだ説得力のある圧倒的なスキルを打ち出したい要素は残っています。

独自の何かは出したいけれど、それって圧倒的な何かを伴っているの?
と、揺さぶりかけてくるわけです。

それでも、やはり主役は太陽と月ですから、
なくてもやっちゃうのですが、
このとき、太陽葉水瓶座ですので、
とりあえず、お友達周辺という形で、公のものとして出していくという戦略に出るということに。

ただし公のものとするからにはそれなりの体裁は必要ですが、
それでも、意欲を受け止めてくれる人に投げかけるところから始めるのは悪くないやり方です。

また、風のサイン的な対人性を活用するということで、
自分一人ではなく、仲間と一緒に打って出てみるというのもよいでしょう。

そのうえで、打ち出し活動の中で、山羊座的に技能をシステム化→蓄積していけばいい話といえます。

なので、社会に対してとりあえず出すものだしていきましょうね。
posted by といし at 10:08| Comment(0) | 西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

「12サイン徹底理解!」講座のお知らせ

■セラピストのための西洋占星術単発講座
 「12サイン徹底理解!」

 サインの習熟はチャートを読む上で必須の項目です。
特にサインに関して、そこに入った天体のテーマや速度により、引き出される内容や
深度が違ってくるので、解釈なども混乱しがちです。
また人によっては、それぞれのサインに関する理解の差が出がちで、それがチャート
読みの足を引っ張ることにもなりやすいのです。

 この講座では毎回一つ一つのサインをテーマとして、
そこに入る天体との相関と深度別引き出されるテーマ、ハウスにおける出方、アスペ
クトに関連した他サインとの関係性などを観ていき、サインそれぞれの徹底理解を図ります。
さらに、そのサインに関連深い有名人の星の配置などをサンプルとしてみていきなが
ら、理解を深めていきます。

サインに関して、いまいちわかりにくいサインがある方、解釈が単調になりがちな
方、もっと自在に読んでいけるようになりたい方は、ぜひ講座に足をお運びくださいませ。
また、気になるサインの単回受講ももちろん可能です。
ひとつひとつ丁寧に、サインへの知識を深めていきましょう。


★日程とカリキュラム
毎月1回 金曜日 14:00〜17:00

2月26日 サイン概論:構造と幾何学的分類・数秘との関連
3月25日 牡羊座 
4月22日 牡牛座
5月27日 双子座
6月24日 蟹座
7月22日 獅子座
8月26日 乙女座
9月   天秤座
10月   蠍座
11月  射手座
12月  山羊座
2017年1月 水瓶座
2月    魚座

・受講料 1回 7500円
・場所 アコスタジオ
(原宿駅徒歩3分・お申込みいただいた方にあらためて場所をご案内させていただき
ます。)
・定員10名
・持ち物 ……筆記用具 (ICレコーダー、パソコン等持ち込み可)

☆申し込み・問い合わせ
 下記の登石麻恭子メールまでご連絡をくださいませ。

  sango@@wa2.so-net.ne.jp
  (二つある@のうち、一つを抜いてください)
posted by といし at 09:57| Comment(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする