2015年11月25日

双子座満月について

双子座満月について。

11月26日は太陽射手座・月双子座の配置で、満月です。

さて、今回の双子座の満月はなかなかきついかもしれません。
キリキリという追い詰められ系のきつさよりも、
むしろ、もう手いっぱいで何も考えられない、
考えても考えてもゴールに目星がつかない…
みたいなキツさでしょう。
なんて、脅しているわけではないのですが。

射手座太陽・双子座月の満月でしたら、
壮大な理想や目的のための具体的な手段や情報…
というところで、落とし込みしやすいのですが、
面倒なことにここに対して射手座の土星と魚座の海王星がかかわり、
泥沼の様相を呈しているという状況です。

射手座の土星は長期的に成長につながる活動を求めて、
余分な活動を排除したり、選択したものを積み重ねたりしていきます。
ここまではいいです。

魚座の海王星は、射手座という火のサインが示す個人の成長ではなく、
多くの人々のためになるものを、
多くの人が安心し共感できるものを…と水のサイン的なものを提案してきて、
それが射手座のキャパを越える、オーバーフローになることが予想されます。

特に土星‐海王星の組み合わせは
「目に見えないものを形にする」という点でかなり難点な組み合わせですし、
火のサインが示す、個人の意欲や成長と
水のサインが示す、感情や共感も
どちらも実際性に乏しく、落としどころが見えない点で厄介。
かつ柔軟宮ということで、どうにかやりくりすれば、
どうにかできるんじゃないの…とこねくり回し続けることになるので、
エンドレス探求みたいな形になってしまいやすいです。

あえて答えを出さない所が柔軟宮の良いところであるはずなのに、
それが永遠回帰、千日手で気力と体力を奪われることにつながるので、
なかなか面倒な配置なんですね。

満月図では太陽土星は12ハウス、月は6ハウス、海王星は3ハウスと、
これらも、目に見えないものを追いかけて、
あれこれ情報を集めたり、いろいろと処理したり…
社会情勢に照らし合わせると、
表には見えないけれど、裏工作とロビー活動がすごい勢いで展開されている、
みたいなノリになると思います。

ただ、こんな満月図ですが、
一つだけ逃げ道というか解決策みたいな部分があって、
それが、太陽と月を調停する位置にある天秤座の火星です。

柔軟宮に対する活動宮の働きとして、
多数ある選択肢の中から、「今、ここ」を考慮して、
物事を決定・選択していきます。
天秤座の火星ですので、品位は悪いのですが、
使い方としては周りの人に聞いてみて、アベレージを取って、選択をし、行動に移す…
というやりかたです。

良かれと思ってあれこれ考えをこねくり回すよりも、
当事者に直接聞いてみた方が話が早いよ…
ということ。

すでに柔軟宮疲れしている柔軟宮ライツの方々は、
「まず、対象者に直接聞く」
を実行するよう心がけると、やるべきことが整理されて、
気力と体力のロス(ダダ漏れともいう(^_^;))に歯止めがかかるはずです。

マンデン図として社会情勢を見てみると、
火星はMCにあるので、
首脳級の人たちがガチで話し合った方がさっくり決まるよね…
という感じでしょうか(^_^;)
posted by といし at 14:27| Comment(0) | 西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

アロマ占星術アドバンス

nerori.jpg
<アロマ占星術講座アドバンス>

 星と植物とのかかわりは、古代から人々の暮らしの中に密接に存在していました。中世のころには、その関わりは医療の中で用いられるなど、人々の役に立つテクノロジーだったのです。近年、西洋占星術は、個人の在り方や行く末を占う、占いとして認識されていますが、古代から続く星と植物との関係を用いることで、その人に適した薬草を見つけ出すことができるのです。

 この「アロマ占星術講座アドバンス」は、アロマ占星術講座ベーシックに引き続き、星と植物、特にアロマテラピーのエッセンシャルオイルを中心に、そのつながりを学び、また医療占星術の基礎構造を利用しつつ、様々な癒しにまつわる手法について、さらに深めていくような内容を学んでいきましょう。

【各回テーマと日程】

<全6回> 月1回土曜日開催

1回目 11月28日 3区分と体質
2回目 12月26日 4元素と四体液説(および四季の身体)
3回目 1月30日 シンパシーとアンチパシー
4回目 2月27日 チャクラとアロマと占星術
5回目 3月26日 時期的な問題とアロマ占星術1トランシット編
6回目 4月23日 時期的な問題とアロマ占星術2プログレス編

※ 毎回、実習を行います。
※ アロマ占星術ベーシック、もしくはそれに準ずる講座を以前に受講された方のみお申込みをお受けできます。
※ 途中都合により欠席される方は、DVDにて受講可。その際の実習は次回の講座終了後に行います。

【講師】登石麻恭子

【時間】10:00〜13:00

【持ち物】筆記用具(パソコン、ICレコーダーなどの持ち込み可)

【料金】各回 8500円(実習材料費を含む)

【場所】アコスタジオ会議室(4F) JR原宿駅・東京メトロ明治神宮前駅徒歩6分

【お申し込み&お問い合わせ】sango@@wa2.so-net.ne.jp  (上記から@を一つとってください)

【各回の講座内容について】
■1回目 3区分と体質(11月)  
 活動宮・不動宮・柔軟宮にまつわる身体特徴・体質・身体の使い方と、またそれら三区分にまつわる精油の特徴から、活用法を学びます。

■2回目 四体液説とアロマと占星術(12月) 
 中世医学の中心となった四体液説と、それにまつわる季節の身体の在り方について学び、アロマ占星術にどのように応用していくかを学びます。

■3回目 シンパシーとアンチパシー(1月)   
 カルペパーの提唱したシンパシーとアンチパシー(Sympathy & Antipathy)という考え方をもとに、天体間のアスペクトの違いや、サインの影響力を考慮した様々な精油の利用の仕方をさらに深く学び、そこから選ぶべき精油をどのように導き出すかを学びます。

■4回目 チャクラとアロマと占星術(2月)
 チャクラシステムと占星術、チャクラシステムとアロマの相関を学び、どのように利用していくかを学びます。またチャートからチャクラの強弱などを見ていく方法も講義いたします。

■5回目・6回目 時期的な問題とアロマ占星術1トランシット編・2プログレス編(3・4月)
 トランシット・プログレスと言われる、時期読みの手法を学び、天体の時期的な影響を受けた場合、どのように対処することが良いか、ブレンドの際に気を付ける点などを学びます。
posted by といし at 11:13| Comment(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

蠍座の新月について

☆蠍座の新月 (2015年11月12日 午前2時46分)

明後日、というか、今晩の日が変わって、12日になった午前2時が蠍座の新月です。

蠍座というと、比較的イメージ悪い(すみません(^_^;))というのが、占星術を習ったばかりの頃の印象でした。

本を読んでも、嫉妬深いだの、ストーカー気質、裏切りは許さないだのと、特に恋愛がらみでは結構な書かれよう(汗

しかし占星術の勉強途上で、悪い面だけに注目するのは良くない!
ということで、一通りのサインについて、良い面・悪い面を列挙した覚えがあります。
(ちなみに射手座はいいことばかり書かれていたのですが、悪い所は?と探っていくと結構思ったより厄介な面も見えてきました(^_^;))

さて蠍座の良い面とは、なんでしょう?

蠍座は自分以外の対象に深入りしていくサイン。対象の内側、奥底を強い共感力と集中力を駆使して、自分のものとしてとらえていきます。その過程が、一体化と言われるものであり、テリトリーを侵害して入っていくものと言えます。

ただ、こうした過程は並々ならぬ精神力と忍耐力が必要です。
また単に相手に入っていくことは、相手から信頼を得ないといけないわけで、
信頼を得るために、時間もかかりますし、またそれなりに我慢も必要。

忍耐力についていうと、たぶん蠍座は12サインで一番強いと思います。
二番目は山羊座かな。
信頼関係があるからこそ、相手のちょっとした態度に対しても我慢したり、あえて言わないでおくということにも。
(あえて…の部分には、少々パワーゲーム様相も入りますが)

ただ、自分の忍耐力が限界をほんの少しでも越えると、
それまで巨大な我慢袋に貯めてきた我慢が
いきなり放出される→怒りを爆発させる…ということになるのです。

なので、内圧は上がっているのに、表面的には怒ってないように見える…
その後、爆発!となれば、周りから見ると、
「突然怒り出す怖い人」となります。
また裏切るというのは、蓄積してきた信頼を踏みにじる行為ですので、
「絶対許せない」となるわけです。

蠍座の内圧上昇を理解することが、蠍座に太陽や月、アセンダントなど主要な感受点を持つ人と良い付き合いをするカギとも言えますね。


蠍座の良い面の基本テーマは「信頼を構築する力」「忍耐力」「集中力」


この新月では、そうした面を意識して行くと、
周囲から信頼を得たり、集中力が身についたりしやすいと言えます。

あと、大事なことですが、
蠍座の絡んだ「信頼を構築する力」はお金の流れを太くすることにつながりやすいのです。

信頼があるから、お金を借りられたり・もらったり、良い方向に配慮・手配してもらったり…など我慢したからこそ、成果や得るものが他者からやってくるのが蠍座の本懐だったりします。
お金幅を広くしたい人は、他者から信頼を得るための行動を意識していっておこなっていってください。

ただ単に我慢しているわけではなく、より大きなものを手に入れるための我慢は必要…ということですね。

posted by といし at 11:02| Comment(0) | 西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする