2019年02月04日

水瓶座新月 〜未来への期待を広げ、一歩を踏み出す〜

【水瓶座新月 〜未来への期待を広げ、一歩を踏み出す〜】


2月5日は水瓶座で新月です。


水瓶座新月2019.JPG


1ハウスに太陽と月があるため、元気な新月といえるかもしれません。

またこの太陽と60度のアスペクトを取るのは、11ハウスの射手座木星。

火と風の組み合わせに木星が絡み、勢いよく期待が膨らんでいく様相が見て取れます。


また水瓶座も11ハウスも未来に関連したテーマを持ちますから、未来への期待が広がりやすい時期ともいえるでしょう。


ただ、期待が広がる…というと、夢や希望が広がってぼんやりとそれに浸るというイメージになりがちですが、太陽と月が1ハウスにあり、前進力が示されていますから、この時期は心の広がりをエネルギーにして、未来へと歩みを進める時期になります。


また水瓶座の太陽・月なので、ノリノリのイケイケゴーゴーというよりも、冷静に状況を判断して、客観的に思考し、最適な一歩を示していくという形に。

期待が広がる…にしては、一見、テンションが低いように感じられるかもしれませんが、その場のノリだけではなく、着実に未来をつかもうとする意識が芽生えやすいともいえるでしょう。


射手座の木星にあおられる形で、何かしなきゃ!という気持ちも高まりやすい時期でもあるのですが、冷静に、そして客観的に物事を考えていくことができれば、

おのずと必要な行動が見えてきますし、見えてきた活動について、動かすことはさほど難しいことではないはずです。


何かしなきゃ!と焦りを感じている方は、気持ちを落ち着け、自分ではなく人から見たらどうか、全体的な視野から見たらどうかなどを意識することで、自分がすべき「何か」が見えてきます。客観性を常に意識することで、どのように一歩を踏み出せばよいか明確になっていくので、主観にハマりすぎないよう心がけていってください。


この時期のおすすめの精油は、

水瓶座のユーカリ

射手座のグレープフルーツ


ユーカリは気持ちを整え、客観的な視点を養ってくれます。

またグレープフルーツは明るく気持ちを支えつつ、未来への原動力となるエネルギーをチャージしてくれます。


この機会をうまく活用して、アロマとともにステップを進めていってくださいね。


posted by といし at 10:49| Comment(0) | 西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月20日

獅子座満月・月蝕〜新たな未来像を意識し、今変えるべきことを明確にする〜

【獅子座満月・月蝕〜新たな未来像を意識し、今変えるべきことを明確にする〜】


1月21日は獅子座の満月で月蝕です。


獅子座満月 2019.jpg


太陽が水瓶座に入ってからすぐの満月ということで、ガラッと空気感が変わったり、

また物事の認知についても先の見通せる感覚が高まってくるかと思います。


満月図(月蝕図)では、太陽水瓶座のルーラーである天王星が、太陽と月とTスクエアの配置は取るものの、まだ牡羊座にあることから、Tスクエアの難易度としては比較的クリアしやすいものかと思います。水瓶座のルーラーでもありますから、太陽の意思の方向性に準拠した天王星ともいえるので、太陽や月に与える影響はある程度想定内のもの(受け入れやすい物)とも考えられます。


太陽と月は8ハウス・2ハウス。個人や集団の必要性の部分で、わりと変化を拒む傾向もあります。それに対して牡羊座天王星が11ハウスという未来の場にあり、

未来を意識していくことから、今何かを変える必要があるものが明確に立ち現れてくるということも読み取れるでしょう。


理想の未来や将来の希望を考えたところ、それが今の自分の延長上にないものであるならば、その線路上に自分を置く必要があります。

つまり、路線変更の必要が出てくるということです。

特に月蝕というタイミングでもあるので、日々の暮らし方や日常での認識のあり方レベルから、それを変えていくことになるということ。場合によっては、未来へのルートを阻むような、自分の潜在意識と対峙し、対処することになる可能性もあります。


ただ、角度的なハードさ(Tスクエア)はあっても、サイン的な部分(牡羊座・獅子座・水瓶座)では取り入れやすい状態でもあるので、絶対変えたくない部分を無理やり変えるというようなものではなく、自分でも一つ一つ納得しながら、階段を上るように変化の道を歩むような形になるでしょう。


未来を見据えた時に、状況を変える、自分を変えるにはそれなりの時期や星のフォローなどが必要な場合があるかと思いますが、変える力を提示しつつも、適切にそれを推し進めることのできる配置ということを考えると、割とこのタイミングを活用することがベストタイミングなのかとも思います。

ぜひこの好機を活用していってくださいね!


またチャンスに乗る、もしくは変化の進展をサポートしてくれる精油は

天王星のライム

獅子座のイランイラン


ライムは変化がより良い方向に進むようフォローし、

イランイランは変化への抵抗感を緩めつつ、新しい路線に乗れるよう気持ちを支えてくれます。


香りのサポートともに、ぜひこのタイミングにのっていって行きましょう。

posted by といし at 12:03| Comment(0) | 西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

山羊座新月・部分日蝕 〜魂の約束を具現化していく〜

【山羊座新月・部分日蝕 〜魂の約束を具現化していく〜】


年始からあっという間の新月が部分日蝕というなかなかな動き。

年末年始をゆっくり過ごした後に、いきなり本題に入るようなものかもしれません。

何だかんだと5天体(太陽・月・土星・水星・冥王星)が山羊座にあり、

やぎやぎムード一色なひと月になりそうですね。


山羊座新月日蝕.jpg


さて、新月図の太陽と月は10ハウスにあり、土星と合。

12ハウス魚座の海王星とセクスタイルを取るため、一見手堅くやるべきことをなすような配置の裏側に、目に見えない要素が介在していることがわかります。

特にこの海王星はアセンダントのルーラーであるため、

物事の動機や動力的な要素として動くことになるわけです。

つまり、目に見えない部分にある原動力がベースとなって、

為すべきことを実行する流れ。

つまり、霊的な領域で決めてきたことを実行するタイミングといっても差し支えないかもしれません。


しかも、日蝕ということで、賞味期限が次の日蝕まであることから、

半年単位での活動方向を示唆することになります。

そういった意味では、この時期になぜかやりたいと思った事、

物事が思った以上に進展していく事柄に関して、

魂の部分で決めてきた活動である可能性が大きいといえるでしょう。


ただし、こうした部分は個人の認知の範疇外にありますから、

個人の感覚としては、なんとなく突き動かされてそれを行ったり、

仕事としてやらされて、だとか、あるいは、

やらなくてはいけないという感覚から、黙々と進める…

みたいなことでそれを行っているということも多いでしょう。


ただ、一見義務のような形で実行することであっても、

やってみるとやりがいや手ごたえを感じるようであれば、魂の課題に着手している可能性が高く、

また、そこで感じる義務感は、社会や立場、職務上のもの以上に、

自分自身の魂に対する約束のようなものであるのです。


さらに、12ハウスの海王星は、目に見えない縁や、

霊的なお膳立てに関わることも多いので、

渡りに船といった具合に、物事がトントン拍子に進んだり、

思いがけない方向から援助の手が差し伸べられるということもあるはず。


一見地味で、義務感満載の配置ですので、

ねばならない…的な気分にとらわれやすいかもしれませんが、

その裏側には自分の認知の外側にある、魂の目的が潜んでいますので、

現状のムードのみに絡み取られないようにしていくとよいでしょう。


この時期おすすめの精油は、

山羊座&土星のシダーウッドと

魚座&海王星のジャスミン

シダーウッドは広い視点で物事をとらえ、かつ手堅く実行する力を引き出してくれます。

またジャスミンは目に見えない世界との距離を縮め、目的の完遂を支え、

また目に見えない領域からのサポートを受けやすくしてくれます。


年初からいきなりヘビー級の配置ではありますが、

今自分のやるべきことに集中して、物事を進めていきましょう。

ラベル:新月 山羊座 日蝕
posted by といし at 21:34| Comment(0) | 西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする