2022年05月15日

蠍座満月(5/16)皆既月蝕 〜感覚的につかんだものを言語化していく〜

516日は蠍座の満月で、皆既月蝕です。

(残念ながら日本では見られません💦)

蠍座満月2022.jpg


9ハウスの牡牛座太陽とドラゴンヘッドと、3ハウスの蠍座の月に対して、

6ハウス水瓶座土星が関わりTスクエアに。

また5ハウス山羊座冥王星、7ハウスの魚座海王星・火星とともに、クレイドルの配置となり、

なかなか盛りだくさんの配置と言えます。


太陽と月の配置から、

身の回りの情報だったり、日常的な物事を丁寧に深掘りしていくことで、

自分を高めていくような具体的な指針や理想のあり方を確立していく流れが基本になります。


これに対して、6ハウスの水瓶座土星が、使える形で言語化・明示するよう促します。

深いところで思っていることや、感覚的につかんでいることについて、多くの人たちと共有し、活用できるような形で提示しろ…と促す配置と言えるでしょう。

まあ、感覚的に把握したものをマニュアル化しろ…ということに近いかもしれません。


牡牛座−蠍座における、言わなくても深いところでつながっているからわかるよね、というスタンスに対して、共有できるよう言語化を求められる…ということでもあります。


何もかもを言葉にする…ということは容易ではありません。

大体において、それが言葉にした段階で拾いきれないものが出てきてしまうことが多いことが理由です。

しかし水瓶座というサインの性質上、拾いきれないものは放置……ではなくて、

厳密に、余すことなく拾いきることを要求してきます。

自分の中で何度も何度も検証し、言葉を研ぎ澄まして事にあたる必要があるため、ある意味、相当時間がかかることにはなるでしょう。


しかしそれをやることで、それまで見えにくかったものが浮かび上がってきて、多くの人の役立つ何かにになっていきます。


楽な作業ではないのですが、腹をくくって取り組んでみてください。


またその一方で、5ハウス山羊座冥王星、7ハウスの魚座海王星・火星がサポートをするような配置を取ります。

徹底的に楽しんでみたり、また積極的に人とやり取りしながら、その全容を少しずつ把握していくことになるかもしれません。

すこしわかりにくいことなどある場合、周りの人たちと話し合ったり、意見を出し合うようなことでも、プラスになる何かをつかむことができるはず。

自分なりに楽しんだり、人と語り合うなど、様々な角度から、そのテーマを検証してみることが、本質的な何かを把握することのヒントにもなっていくでしょう。


そして、この時期大切なもう一つのことは、あきらめないこと。

それなりに時間がかかることでもありますので、腰を据えて取り組んだり、

また、時間がかかる前提で、長い目で関わっていくのも良いでしょう。


そうして拾い上げたものが次第に大きな成果となっていき、

いつかしら、自分自身にとってだけではなく、多くの人にとって、長い人生を歩んでいくための道しるべとなっていくはずです。


さて、この時期のアロマは、

牡牛座のローズ

蠍座のサンダルウッド


ローズは、豊かな感性を引き出し、理想のあり方を感覚的に把握させてくれます。

サンダルウッドは、深いところにあるものに意識を向け、それを引きあげてくるようサポートしてくれるでしょう。

またサンダルウッドは、長期的なプロジェクトに対する忍耐強さも与えてくれます。


難しい時期ではありますが、香りのサポートを活用しながら、

本当に大切なものに目を向けつつ、じっくりを歩みを進めていってください。



posted by といし at 09:37| Comment(0) | 西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月30日

牡牛座新月(5/1)部分日蝕 〜地道な歩みが未来を創る〜

51日は牡牛座で新月、そして部分日蝕です。

ただ今回の日蝕は南太平洋から南米で、なので日本では見られません。

見られる地域での影響がやはり大きめなのですが、

観られない地域でも日蝕の影響は少なからずあります。


牡牛座新月2022.jpg


太陽と月は牡牛座10度に。

サビアンとしては(牡牛座11度「花に水をやる女」)、センスや身体的な能力など、内的な感覚や能力を自分なりにじっくり育てていく度数です。

また12ハウスのにあることから、

人に見られない場所でひっそりと育てていったり、

目に見えない資質について自分なりに育てていくことに関連するようです。


センスを育てるためには牡牛座的なやり方が適していると言えるかもしれません。

つまり、何度も繰り返し繰り返し自分の身体にしみこませるやり方です。

音楽ならば、たくさんの曲を聞いたり、自分で作ったり、

またデザインや色や香りのようなものでも、たくさんの体験がその人の内的な感覚に蓄積され、それが能力として発揮されていくでしょう。

また12ハウスということもあり、霊的なものや目に見えないものに対するセンスを育てるというのも悪くありません。


つまり地道に繰り返すこと、数を重ねることが重要な意味を持つということです。

ただ数を重ねるだけのことが、一見何の役に立つのか……と思うこともあるかもしれませんが、自分の内側にそれらは着実に蓄積され、自然な形で発揮されていきます。


何かを学ぶようなことでも、量をこなしたり、繰り返していくことで、

しっかりと自分の一部として自分の力となっていくので、根気良く続けていってください。


またこの牡牛座の太陽と月に対して11ハウスにある魚座の火星が良い角度を取ります。

11ハウスは未来に関連する場でもあるため、センスをうまく使い、未来へ歩みを進めていくことになるとも言えます。


このとき、身につけたセンスは、未来を創造するための大きな武器となるということです。

また逆に、未来への意欲からや友人(11ハウス)からの刺激を受けて、何らかの習得を始めるということもあるでしょう。


日蝕ということも相まって、こうした丁寧な歩みは人生そのものを大きく変えることにもなるはずです。


さてこの時期のおすすめアロマは、

牡牛座のパチュリーと

火星のパイン


パチュリーは、地に足をつけ、丁寧な習得をサポートしてくれます。

パインは、未来への意欲を灯し、集中力や推進力を与えてくれるでしょう。


いずれにせよ地道な歩みが未来を創造するということを念頭に置き、この時期を有意義に過ごしていってください。

posted by といし at 10:19| Comment(0) | 西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月17日

天秤座満月(4/17) 〜未来創造に関わる大きな分近点〜

417日は天秤座で満月です。

太陽と月に冥王星が関わったり、土星が関わることもあり、

中々の重みを持った満月と言えるかもしれません。


天秤座満月2022.jpg


太陽は1ハウス牡羊座、

月は7ハウス天秤座にあり、ハウスとサインが連動していることもあり、

このあたりは非常に明解な配置です。


この太陽と月に11ハウス山羊座の冥王星がTスクエアの配置を取るような形でアスペクトするため、重量感がグッと増した様相に。

冥王星というと死のイメージが強いため、何か恐ろしいことが起こるようなムードも見られます。

しかし、冥王星=死というよりも、むしろ、「死を基準に考える」ということが起こります。


「死を基準に考える」とは、

これぐらい死ぬわけじゃないから頑張れる、とか

これをやらないと生きている意味がない、とか

これやらなくても死んだりしないから放置…などなど

死という線引きを基準にして、行動するかしないか、するならば腹をくくって頑張る…

などという出方をするわけです。

ここから、

腹をくくって頑張る→カリスマ的な力を発揮したり、つらい状況を絶えたり、

放置→一切何もやらない

という具合に道が2つに分かれます。


特に冥王星が11ハウスにあるため、未来の生死をかけて…ということを意識することになり、

絶対に未来を切り開いて創造していく、という強い意志を打ち出していくか、

もしくは

死ぬわけじゃないから何もしない、という方向で脱力し、日々の状況に耐えるばかりになっていくのか、

という具合に、2つの方向性に分かれていくことになるでしょう。


どちらを選ぶかは、自分次第のところ……と考えると、

この満月の力を使うか使わないかで、大きく未来の様相が変わってくるとも言えるかもしれません。


特に1-7ハウス間で起こることを考えると、人との関わり合いの中で、

そうした、やるかやらないかの大きな分岐点が浮き彫りになってくることもあり、

関わっていくことを決めたなら、腹をくくって相手とやり取りしていくことになり、

そうでないのなら、ゆるく距離を置いたり、お茶を濁すような対応をしていくことにもなりそう。


今現在の対人関係について、どの道を選ぶかは自分次第ですが、

本腰を入れて関わることで、大きくみらいのカタチが変わってくることは間違いないでしょう。


また12ハウスにある水瓶座の土星は調停の配置を取るような形で太陽と月に関わります。

12ハウス水瓶座が示すような、不特定多数の人とのネットでの関わりや、またネット上の情報について、手堅く活用していくことがプラスになる……ということ。

また、霊的な縁などもそれをサポートする要素にもなりうるでしょう。


これも考慮すると、腹をくくって人と関わる際に、ネットの情報やその中での関わりについて、きちんと裏を取りながらきちんと活用することが、未来を切り開く助力となるということです。目に見えない縁に守られるような形で物事が進むこともあるかもしれません。


いずれにせよ、やるか・やらないかの決断は自分にしかできないことです。

やると決めたら、腰を据えて、全力で取り組んでいってください。


さてこの時期のおすすめアロマは、

牡羊座のローズマリー

天秤座のゼラニウム

です。


ローズマリーは前へ進もうとする意志を後押しし、

ゼラニウムはそこにまつわる人との関わりについて、バランス感覚を引き出してくれるでしょう。


自分の求める未来を創るかどうか大きな分岐点に立っているとも言えるこの満月ですが、

自分の心に問いただし、方向性を決めていってください。


posted by といし at 09:51| Comment(0) | 西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする