2017年02月10日

2月11日獅子座満月 〜未来への下準備をする〜

<獅子座満月 〜未来への下準備をする〜>

2月11日は獅子座の満月です。

獅子座満月.JPG

配置的にはなかなか華やかで、双子座の25度あたりに天体があれば、正六角形の配置になるため、特に双子座の25度近辺に何か天体や感受点を持つ方にとっては、何かの成就や実行にかかわる、大きなターニングポイントになりそうです。

というか、海王星と冥王星以外は火と風の男性星座に入っているわけですから、能動的な要素が発揮されやすく、物事が進展しやすい、もしくはバタバタしやすい(^_^;)とも言えますね。

太陽は水瓶座11ハウス、月は獅子座5ハウスということで、熱意を胸に未来を意識するというあたりが基本方針になりますが、9ハウス射手座の土星により、明確な理想を掲げることでそれらが推進されるとも考えられます。

一方、天秤座の木星は6ハウス、牡羊座の天王星が12ハウスと、人脈にまつわる下準備(木星)と、ネットなどを活用した根回し(天王星)がそれらをフォローすることから、ただ単にノリや勢いで物事を成就させようとする軽さは減り、むしろきちんと準備する姿勢がうかがえます。
計画していることに対して、オフレコでグループチャットなどで準備を進めたり、意見のすり合わせをするなど、水面下で進行させておくことが重要で、それにより、いざスイッチが入った時に協力し合いながら適切に推進して行ける…ということです。

一人で何かを行うような場合も、ある程度理解してくれそうな人に内々に事情説明をしておくと、思いがけずフォローしてもらったり、よいアドバイスをもらうなどもあるでしょう。

一人で突っ切るというよりも、仲間の協力により未来を作り上げるという意識が大事ですし、また一人では成しえない成果を手にすることもあるかもしれません。

またこの時、最も現実的な土星が良い意味で指針になります。
つまり、理想を明確にしておくこと。
また、なぜ・何のためにそれをしたいのかをはっきりさせておくことで、方向性のぶれもなくなりますし、さらには賛同者も集まりやすいでしょう。

おすすめの精油は、
獅子座のフランキンセンス(自分の意思確認に)
水瓶座のユーカリ(人々との協力体制形成に)
射手座のグレープフルーツ(理想の明確化に)

ブレンドしたものを使ってもいいですし、それぞれをテーマ別に、意識化するために使うのもよいでしょう。


未来につながる、素晴らしい時機となりますように!
posted by といし at 14:50| Comment(0) | 西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

1月28日水瓶座新月〜最初の一歩を変えてみる〜

<1月28日水瓶座新月〜最初の一歩を変えてみる〜>

1月28日は水瓶座の新月です。

水瓶座20170127.JPG

新月図での太陽と月は11ハウスと、水瓶座と呼応しやすい配置にあります。しかしシングルトンで他の天体にアスペクトを取っていないため、気を付けていないと、11ハウス的な未来への夢や希望、こころざし、といったものが、命題として掲げられたまま、額縁に飾られたような形で終わってしまいがちかもしれません。目標を書き出して、それで満足してしまう…みたいなものですね。

これを本当の未来につなげるにはどうすればよいのでしょうか?

実はチャート的には動かそうと思っていれば動かせる図でもあります。
水瓶座のルーラーは、天王星と土星。
チャート内の天王星は1ハウスに、土星はMC近くにと、なかなか動かしやすいというか、反応性の高い場にあります。二つの天体はソフトアスペクトを取っているため、動かし始めれば、協調的に現実を見据えつつ(土星)変化をもたらしていく(天王星)ことになるでしょう。

最初の一歩となるのは、1ハウスの天王星。
これは、自分自身を変えるということを示します。
自分を変えるというのは簡単そうで難しいというか、なかなかできることではありません。
1ハウスは、オートマチックな外界への働きかけですから、ついいつも通りに…ということになりやすいのですよね。
ただ、言い方を変えてみると、何かするときのはじめの一歩に関連する部分ですから、
はじめの一歩を踏み出す時のやり方を変えましょう…ということ。
例えば、朝起きる時間、朝食のメニュー、出かける時の駅への順路…などなど、始まりに関する部分にちょっとした変化を加えてみるとよいかもしれません。

また1ハウスは、医療占星術的に頭部を示す部分でもあるので、メイクを変えてみたり、髪型をアレンジしてみたり…ということもよいでしょう。

こうした変化をもとに、7ハウス側の天秤座木星が、変化に対するリアクションを取ってくれます。人はリアクションを取られることによって、外界への影響力を実感することができるので、そのリアクションを得て、自分が変わっていくことが実感できるかもしれません。

またその変化を足場に、自分が公的な場でどう活動していくか、といった社会的な押し出しについても、確信を得ることができるはず(MC近くの土星)。

こうした身の回りの小さな変化に対して、自分は様々なことを変えることができる、という実感が生まれやすくなるのですが、それを土台に、今と違う未来や将来のヴィジョンというものが実現可能であることを確信できるようになるでしょう。

確信のないものに飛び込んでいくのは怖いですよね。
しかし、ちょっとしたステップから、その力が自分の中にあることを知り、実感することができれば、遠いと思っていた未来も、自分の力で切り開いていけることを確信できますし、確信したことに対して、未来は当然のこととして、予定上のこととして引き寄せられてくるものです。

まずはちょっとした変化を、ご自身の日常の中に作り出していってみてくださいね。


タグ:水瓶座 新月
posted by といし at 23:20| Comment(0) | 西洋占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

■植物療法とタロット講座 小アルカナ編

■植物療法とタロット講座 小アルカナ編

アロマ、ハーブ、フラワーエッセンスなど植物に関連したセラピーと
タロットとの相関や活用法について学ぶ講座です。
9〜1月の大アルカナ編に引き続き、小アルカナと植物療法の関係性を全6回学んでいきましょう。

タロットはカード占いの一つですが、
その内容に秘められた人の成長や霊的な変容の過程などから、
セラピーなどにも活用できる側面も持ち合わせています。

この講座では、タロットにおけるセラピーという領域について、
丁寧に解釈していきながら、アロマ、ハーブ、フラワーエッセンスを絡めて
理解を深めていきます。

また心理面・精神面だけではなく、肉体的な要素としての
健康領域の読み方などもお話していく予定です。

特に小アルカナ編では、小アルカナ特有の具体的な要素と、
それにまつわるアロマ、ハーブ、フラワーエッセンスの対応を学び、
実践の中でどう生かしていくかを講義いたします。

ご興味がありましたら、ぜひお越しくださいませ。

================
★日程とカリキュラム
小アルカナ編 全6回

月1回 4週目もしくは5週目土曜日 
時間 14:00〜17:00

1回目 2月25日 小アルカナの土台を学ぶ(生命の樹、数秘術、元素論)
2回目 3月25日 ワンドA〜10
3回目 4月22日 ソードA〜10
4回目 5月20日もしくは27日 カップA〜10
(日程は決定次第、追ってご連絡いたします)
5回目 6月24日 ペンタクルスA〜10
6回目 7月22日 コートカード

・受講料 1回 8500円
・場所 アコスタジオ
(原宿駅徒歩3分・お申込みいただいた方にあらためて場所をご案内させていただきます。)
・定員10名
・持ち物  ウェイト・ライダー版のタロット
(もしくはそれに準拠したタロットカード)をお持ちください。
筆記用具 (ICレコーダー、パソコン等持ち込み可)

☆申し込み・問い合わせ
 下記の登石麻恭子メールまでご連絡をくださいませ。

  sango@@wa2.so-net.ne.jp
  (二つある@のうち、一つを抜いてください)
posted by といし at 14:18| Comment(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする